年金相談

ファイナンシャル・プランナー、社会保険労務士の拝野 洋子(はいの ようこ)です。

年金事務所に行くと混んでいませんか?年金記録には時折ミスがあることがあり、ずいぶん経ってから見つかることもあります。

例えば、23年分の遺族年金が支給されることとなった事例。(朝日新聞より )2000万円超、すごい額です。

請求者は夫を亡くして以来、2人子供を育てながら、パートをして暮らしていたそうです。遺族年金の記録の照会を10回以上したのに、見つからず・・・。

この女性が自分の年金を請求したときに、やっと夫の年金記録が見つかって・・・。

ところが社会保険事務所は、謝罪どころか「5年間までしか遺族年金は払えません」と杓子定規だっとのこと。

審査請求、再審査請求しても、却下されてしまったのでしょうね、

子育てしながら、パート勤務、遺族年金のあるなしで、母子の暮らしは全く違います。

もしかしたら、子供さんの進路も妥協したかもしれないし・・・・。

社会保険事務所がきちんと遺族年金の記録を真剣に探していれば、あり得なかったこと。

ほんとにあきらめずに、異議申し立てして良かったですよね・・・。

「年金定期便」でわかりずらいところはありませんか?例えば、配偶者の加算がされていなかったりすることは良くあるそうです。

「こんなに少ないの?」と疑問に思ったことは?ちゃんと基礎年金番号がつながっているか、確認した方がいいケースかもしれません。

まずはお気軽にご相談を、初回無料です。

メール相談はこちら。年金手続きも行っております。

電話相談(要予約)044-866-6432

スカイプ相談(要予約)

じっくり話したい方は・・・対面相談(要予約)